ヤナギ科
■シロヤナギ
供養塚のヤナギ(奥州市)
【供養塚のヤナギ(奥州市)】

 河畔や湿った原野などに生育する雌雄異株の落葉広葉樹。幹の高さは20メートル、胸高直径1メートルに達する。枝は若いときには毛があり、のちに無毛、分岐点がもろくきわめて折れやすい。葉は白色の絹毛があり、裏面は白色をなしている。春、雄花あるいは雌花からなる尾状花序を出す。5〜6月の好天の日、川沿いで綿毛(柳絮)を伴った種子が飛ぶところをしばしば目にする。
天然記念物指定の「シロヤナギ」
市町村 区分 名称 所在地 指 定
年月日
樹齢
盛岡市 厨川中学校のシロヤナギ 青山2-7-1 昭54.8.1   
奥州市 供養塚のヤナギ 胆沢区若柳字下松原1 昭57.7.7  

戻る