北限の海女(久慈市)

解説 海女
海女
 海女(あま)とは、水中に潜って魚介や海藻を採ることを職業にしている女性のこと。久慈市小袖地区には、我が国で最も北の海で活躍する海女がいます。しかし現在では漁法が近代化し、海中に潜る必要がなくなったので、ほとんどが観光用で、ウニ漁の時期に限り、海に潜っています。久慈市には小袖地区のほか、久喜や大尻地区にも海女がいます。




前へ 戻る 次へ