つりがね洞(久慈市)

解説 つりがね洞
 以前は洞穴の天井から大きな釣り鐘型の岩がぶら下がっていましたが、明治29(1896)年の津波で崩落しました。夫婦があの世に行くときには、この地で落ち合い、洞穴の釣り鐘をついてから極楽浄土入りをするという言い伝えがあります。




戻る 次へ