潮吹き穴(宮古市)


 ■いわての文化情報大事典(崎山の潮吹穴)
 ■宮古市(潮吹穴)
解説 潮吹き穴
 白亜紀の岩層がスロープのように海中に落ち込み、幅30センチほどのすき間ができたもの。下部が空洞になっているため、波が押し寄せるたびにすさまじい勢いで海水を吹き上げ、その高さは30メートルにも及びます。




前へ 戻る 次へ