三陸沖は好漁場

解説
 三陸沖には、北から寒流の千島海流(親潮)、南から暖流の日本海流(黒潮)、さらに津軽海峡から対馬海流の分岐流である津島暖流が交錯する複雑な潮境を形成しています。このため、マグロ・カツオ・サバ・アジ・イワシなどの暖流系の魚はもちろん、サケ・マス・サンマ・タラなどの寒流系の魚も密集して、好漁場となっています。また、海岸は一般的に岸からすぐ深くなり、大陸棚は狭いものの底質は岩礁や砂礫質が多いため、アワビ・ワカメ・コンブ・ウニ・ナマコなど水産動植物の生育にも適した環境に恵まれています。
三陸沖の漁場図
参考リンク
岩手県水産技術センター




戻る 次へ