リアス式海岸

解説
 起伏の大きい山地が、地盤沈降や海水面上昇に伴って海水の進入を受け、尾根の部分が半島に、谷の部分が入り江になったもの。三陸海岸の場合、宮古湾以南の宮城県牡鹿半島にかけての海岸がこれにあたります。対して宮古湾以北の海岸は何段かの広い海岸段丘が広がり、海岸線は切り立った断崖になっている場所が多く、海岸線も南部に比べて直線的です。これらの海岸段丘はかつての海岸線付近にできた平坦な土地であり、北部陸中海岸は、海岸線が隆起したことによって生まれた海岸と思われます。
リアス式海岸・北部の空撮写真 南部の空撮写真




前へ 戻る 次へ