塩づくりと「塩の道」(野田村)

解説
 藩政時代の野田海岸は盛岡藩の塩の生産地。海水を釜で煮つめる塩釜があり、生産された塩は、牛方衆によって野田から白石峠―下戸鎖―内間木―小国―関を経て平庭高原を越え、葛巻―沼宮内―渋民を通って盛岡城下に運ばれました。




戻る 次へ