宮古湾海戦

解説 宮古湾海戦蹟碑 宮古湾海戦記念碑
 明治2(1869)年3月、箱館(函館)に立てこもる榎本武揚らの軍艦「回天」と、新政府の軍艦「甲鉄」など八隻が宮古湾で激突しました。回天には新撰組の土方蔵三が、新政府軍の「春日」にはのちの元帥・東郷平八郎が乗り込んでいました。結果は新政府軍の大勝利。これを記念して、宮古市光岸地の大杉神社境内に、東郷の筆による「宮古港戦績碑」が建てられました。また海戦の記念碑は、浄土ヶ浜お台場入り口にも建てられています。

 ■宮古市(戊辰戦争・宮古港海戦 )




前へ 戻る 次へ