読み仮名 さんがんじまおおみずなぎどりおよびひめくろうみつばめはんしょくち
指定種別 国指定
種別 天然記念物・動物
指定年月日 1935年 12月 24日
指定詳細
数量
所在地 釜石市箱崎町
所有者 釜石市
保持団体
管理団体 釜石市
ホームページ 釜石市(三貫島)

概要

椿島は、広田岬の南東海上約1kmの所にある花崗岩の小島である。
この島は、過去に多数のツバキやトベラなどの緑に被われていたが、現在ではウミネコやその他の海鳥のため、樹木のほとんどは枯れて、イタドリ、ヨモギ、イネ科植物のみが繁っている。
ウミネコは、カモメの一種で体長40cmくらい、翼長35cmくらい、脚およびくちばしは黄色、くちばしの先端は赤い。
背部は青灰色、尾に一すじの黒帯がある。
毎年2月から3月にかけて繁殖地に集まり、5月から6月にかけて産卵しヒナを育てる。
巣は、岩のくぼみに枯れ草を少し置いた程度の粗末なものである。
巣内には、2〜3個の卵が見られることが多い。
6月上旬にふ化し、7月中旬には成鳥の大きさになる。