読み仮名 もくぞうしょうかんのんざぞう
指定種別 県指定
種別 彫刻
指定年月日 1966年 3月 8日
指定詳細
数量 1体
所在地 一関市大東町渋民
所有者 東川院
保持団体
管理団体
ホームページ

概要

像高113.7cm。
木造、寄木造、漆箔仕上げ、彫眼である。
右手第一指、第三指を捻じて胸前にあげ、左手は膝前で仰掌する。
光背は透し彫りで、高さ154.5cm。
飛天8体と頂には、大日如来1体をつける。
台座は、高さ80.3cm、九重蓮華座で蓮弁は七段である。
寛文7年(1667)の修理銘があり、それによると、建武5年(1338)仏師滝知房の作と墨書されている。
仏身、光背、台座ともに当初のものがそろっている例はめずらしく、貴重である。

画像