指定種別 国指定・重要文化財
種別 建造物
指定年月日 2016年 2月 9日
指定詳細
数量 6棟(主屋、表門、南蔵、北蔵、米蔵、造り蔵)
所在地 紫波郡紫波町日詰字郡山駅
所有者 個人、紫波町
保持団体
管理団体
ホームページ

概要

平井家は江戸時代初期より当地に居住した商家で、近代には醸造業や鉱山経営などを手がけた。主屋は大正10年の建築で、ミセ構えや通り土間は伝統的な平面になるが、ガラス窓を多用した開放的な外観、二階の広壮な大広間などの上質な接客空間、変化に富む屋根などに近代の特徴が窺える。
 平井家住宅の主屋は、建築年代が明確で、かつ規模壮大な建物である。平面や構法に地方の伝統を継承しつつ、近代的な意匠と手法が随所に導入されており、優れた和風建築として高い価値がある。また伝統的な蔵と煉瓦造りの蔵が共存し、防火を意識した煉瓦塀で敷地を囲うなど、近代の展開を示す建造物が一体的に残っており、土地と併せて保存をはかるものである。

画像