読み仮名 かたな めい しんどうみなもとのよしくに
指定種別 県指定
種別 工芸品
指定年月日 1980年 10月 3日
指定詳細
数量 1口
所在地 盛岡市上田松屋敷
所有者 岩手県
保持団体
管理団体
ホームページ

概要

長さ63.1cm。
反り1.8cm。
鎬造、庵棟、身幅尋常で、先は中切先、反りは普通である。
地は大板目で、太く肌立ち、小杢目交じり、鎬筋よりに沸映りがかかる。
刃は小沸出来の広直刃で、刃縁はほつれる。
切先の刃は、はきかけて小丸で、小返りである。
茎は生ぶ、目釘孔1個、指表の鎬地に太鏨で「新藤源義國」と銘をきる。
制作は、江戸時代の中期、新藤義國の作である。
新藤家二代目の義國は、作例が少ない。
本刀は、姿よろしく、地刃ともに健全で、代表作である。
義國は、元禄12年(1699)に家督をつぎ、享保15年(1730)没しているが、年紀作品を見ない。