読み仮名 どうしょう
指定種別 国指定・重要文化財
種別 工芸品
指定年月日 1934年 1月 30日
指定詳細
数量 1口
所在地 盛岡市愛宕町
所有者 南部利英
保持団体
管理団体
ホームページ

概要

総高57.8cm。
口径38.18cm。
「金ノ大(泰)和六年正月日」の銘がある朝鮮鐘である。
泰和六年(1206)はわが国の建永元年に当たる。
笠形の大きさ(径23.3cm)に比して口径が広く、これに対して鐘身がやや長いために、その外郭は美しい曲線を呈している。
元禄15年(1702)3月10日、奥州釜石の海岸で、漁網にかかったものと伝えられている。
盛岡藩では、菜園鐘と呼ばれていた。