読み仮名 たち めい すけざね
指定種別 国指定・重要文化財
種別 工芸品
指定年月日 1939年 5月 27日
指定詳細
数量 1口
所在地 盛岡市上田松屋敷
所有者 岩手県
保持団体
管理団体
ホームページ

概要

長さ77.4cm。
反り2.8cm。
鎬造、庵棟、身幅は頃合、先は小切先である。
重ねは厚く、鎬筋は高く、反りは深い。
地は小板目つみ、丁子映連なる。
刃文は、大のたれ調で、大丁子乱れと互の目乱れと入り混じり、足と葉がよく入る。
刃先の刃は小乱れ込み、先は抜ける。
茎は生ぶ、鑢目は勝手下がり、表に二字銘をきる。
助真は、備前国一文字派の刀工で、文永・弘安の頃、鎌倉に移ったという。
この太刀は、南部家伝来である。