こんどうせんじゅかんのんぞうみしょうたい

指定種別 国指定・重要文化財
種別 工芸品
指定年月日 1958年 2月 8日
指定詳細
数量 1面
所在地 平泉町平泉字衣関
所有者 地蔵院
保持団体
管理団体 中尊寺
ホームページ 平泉の文化遺産

概要

盤径 16.51cm。
盤厚 0.15cm。
像高 14.8cm。
(光背、台座共を含む)。
薄い銅円盤に覆輪を回し、蓮華座上に結跏する千手観音像を装着したものである。
仏体、光背、台座は一枚板の打ち出しで、これと覆輪とは鍍金し、円盤はきわめて薄手の響銅質の鋳物で、その表面は鍍銀してあったと思われる。
光背は頭光に一輪、身光に二輪の円相を設け、脇手や持物と連絡し、中央の仏体は銅をやや薄く、面部と両膝、台座とをやや肉高く打ち出し、線刻を施してある。