文化財情報  詳細
漆絵立花図(大絵馬)
うるしえりっかず
指定種別 県指定
種別 絵画
指定年月日 1985年 9月 17日
数量 1幅
所在地 二戸市浄法寺町御山字御山久保
所有者 天台寺
保持団体
管理団体
ホームページ 浄法寺町(八葉山天台寺)
概要
縦181.3cm。
横126.7cm。
縦長の大絵馬で、本板は欅材で縦三枚矧。
表に赤・黄・緑・白・黒等の彩漆で青銅花瓶に松竹梅及び椿・水仙・シダ等を生けた立花図を描く。
絵馬としては珍しい立花図の大作で、図柄は立花図の典型を踏襲するもので、銘文にいう正徳6年(1716)頃の池坊正統の型といえる。
漆絵であるということは、本品の伝来する地域との関連において注目され、また、銘文によって盛岡での製作と考えられるもので、本県固有の文化財として貴重である。