文化財情報  詳細
普門寺のサルスベリ
ふもんじのさるすべり
指定種別 県指定
種別 天然記念物・植物
指定年月日 1981年 12月 4日
数量
所在地 陸前高田市米崎町字地竹沢
所有者 普門寺
保持団体
管理団体
概要
サルスベリは、百日紅とも呼ばれ、中国南部原産のミソハギ科の落葉高木である。
樹皮が平滑でうすくはげやすく、またすべすべしていることから、猿もすべるという意味でサルスベリの和名がでたものである。
普門寺のサルスベリは根元幹囲約2m、目通径1.7m、枝張12.7m、樹高約11mで、樹齢は約300年と推定される。
県内の最大樹で、サルスベリの代表樹として貴重である。