文化財情報  詳細
旧第九十銀行本店本館
きゅうだいきゅうじゅうぎんこうほんてんほんかん
指定種別 国指定・重要文化財
種別 建造物
指定年月日 2004年 7月 6日
数量 1棟
所在地 盛岡市中ノ橋通
所有者 盛岡市
保持団体
管理団体
概要
 旧第九十銀行本店本館は、盛岡市中心部にあり、明治41年起工、同43年12月に完成した。
設計者は盛岡市出身の横浜勉である。

 煉瓦造2階建、一部地下1階で、南棟の東には煉瓦造の脇塀がつく。
1階が営業室と客溜、金庫室、応接室、頭取室、2階が総会室、重役室などからなる。
外観は、ロマネスク・リヴァイヴァル様式により銀行建築としての重厚性を表しつつ、室内ではゼツェッシオンの平明かつ簡素な意匠を創り出している。

 旧第九十銀行本店本館は、全体として装飾要素は抑制され、様式建築からの離脱の過程を示す作品であり、19世紀末の欧州の建築運動をいち早く反映させた遺構として、我が国近代建築史上重要である。
また、2階床組のトラス梁や2階床換気口の開閉機構など、構造技法等にも見るべきものがある。