いわての城・館
中世の城館

鍋倉城(なべくらじょう)
 別名・遠野城(とおのじょう)・横田城(よこたじょう)

場所
遠野市遠野町 地図

現在の名称
鍋倉公園ほか

地勢と遺構
遠野盆地の南方にそびえる物見山のふもとの独立丘陵である鍋倉山に築かれた山城で、標高は340メートル前後。現在見られる遺構は近世以後のもので、中世紀のそれらは不明である。
中央に本丸(120メートル×24メートル)が位置し、空堀をはさんで南方に二の丸(88メートル×45メートル)、本丸の北東に三の丸(135メートル×29メートル)がある。重臣は城内に居住し、二の丸には新田氏、三の丸のは中館氏・福田氏の各屋敷が構えられていたと思われる。本丸の西辺に土塁が残り、また本丸と二の丸のは礎石も見られる。堀跡も各所に見られ、本丸と二の丸の間のほか、本丸西方や二の丸西方(行燈堀)なども認められる。
本丸の建物は当初は萱葺きで、慶安年間(1648-1651)の火災以後は柾葺きに改められた。本丸は四方には板囲いの堀が巡っていた。二の丸の外囲は柵であった思われる。
山麓の西・北・東方は諸士屋敷があり、その外側に町人街、町の西端に下組、北端に中組、東端に上組の各同心屋敷があった。
三の丸には現在、天守閣風の「なべくら展望台」がある。

鍋倉城

本丸

三の丸跡

本丸と二の丸の間の空堀

大手門跡

搦手門跡

旧搦手門

空堀跡

行燈堀跡

城内の南部神社

二の丸の遠野南部家歴代墓所

二の丸下の城内馬場

なべくら展望台

歴史
中世の豪族・阿曽沼(あそぬま)氏の居城。阿曽沼氏は始め横田城(護摩堂(ごまどう)城・現在の遠野市松崎町横田)を本拠地としていた。横田城は遠野盆地の西北部、猿ヶ石川の北岸に位置し、標高約300メートル、川床との比高は35〜40メートルと低くたびたび洪水の被害に遭ったため、阿曽沼広郷(あそぬまひろさと)の代になって天正年間(1573-1591)の初めごろ(中ごろという説もあり)、本拠地を鍋倉山に移した。鍋倉城は阿曽沼氏の旧居城の名を受けて横田城とも、新横田城とも呼ばれた。
豊臣秀吉の奥州仕置によって鎌倉時代以来400年にも及ぶ阿曽沼氏の支配は終わり、慶長6年(1601)遠野は南部氏の治下に入る。最初は城代が置かれたが、阿曽沼氏残党による治安の悪化や仙台藩との藩境である重要性を考え、南部27代利直は三戸南部と並ぶ有力な一族である八戸南部・直義(なおよし)にこの地を支配させることとし、寛永4年(1627)直義が遠野に入部、以後240年あまりの遠野南部氏12,500石の時代が明治維新まで続く。

横田城
場所:遠野市松崎町 地図

本丸跡の薬師堂

本丸跡のヒガンザクラ

本丸跡のヤマザクラ

阿曽沼氏歴代墓所

菩提寺にある五輪塔

交通
鍋倉城…遠野駅から車で約5分
横田城…遠野駅から車で約10分

もどる