「いわての街道・平和街道」タイトル 「いわての生活文化」タイトル



平和街道
(花巻〜白木峠)

 出羽国平賀(ひらが)郡の横手と陸奥国和賀郡の北上を結ぶ街道を、郡名の首字を合わせて平和街道と呼びます。平和街道の名称は、明治13(1880)年秋田県と岩手県が共同で開削工事に着手し、翌年の竣工後に名付けられたもので、それまでは秋田領からは南部道、盛岡藩側では領内の脇街道として岩崎街道・沢内(さわうち)街道などと呼んでいました。白木(しろき)峠は盛岡・秋田両藩の境界で、峠の東西には共に番所が置かれ監視されましたが、庶民レベルでは活発な交流が繰り広げられました。鉄や馬、塩あるいは塩魚・干物類が流通し、秋田領からは湯本や湯川に湯治に出かける者もいました。しかしこの街道は、奥羽大名の参勤交代路として本陣や伝馬(てんま)の制度が整えられることもなく、全体として脇街道の域を出るものではありませんでした。

花巻 花巻 岩崎 峠山一里塚 越中畑御番所跡 白木峠 横手
平和街道地図
【平和街道地図】



戻る
岩崎 峠山一里塚 越中畑御番所跡 花巻 白木峠