郷土料理タイトル


がんづき
がんづき
■認定年度
平成8年
 
■認定の種類
伝統料理
 
■主な地域
陸前高田市
  
■料理の紹介
 昔から気仙地方では、農繁期の小昼や日常のおやつとして「がんつき」が手作りされ、またその味も色々な材料が組み合わされ、我が家のおふくろの味として自慢料理の一つとされてきた。

材料
  (直径30cm)〔白いがんつき〕小麦粉(薄力粉)500g、砂糖500g、牛乳50cc、ベーキングパウダー 大さじ0.5、水 カップ5〜2、塩 小さじ0.5、ごま 適宜〔黒いがんつき〕小麦粉(薄力粉)500g、玉砂糖500g、水 カップ5〜2、醤油20CC、ベーキングパウダー 大さじ0.5、ごま 適宜、くるみ 適宜、サラダ油 大さじ0.5
  
作り方
1.(白いがんづき)小麦粉にベーキングパウダーを混ぜ、2〜3回ふるいにかける。
2.砂糖、牛乳、、水を混ぜ1の粉を混ぜ合わせる。
3.沸騰した蒸し器に布を敷いて2を流し入れ、ごまやくるみを入れ50〜60分蒸す。
4.(黒いがんづき)小麦粉にベーキングパウダーを混ぜ、2〜3回ふるいにかける。
5.水に玉砂糖を入れて煮溶かしたら、醤油とサラダ油を入れさまし、1の粉を混ぜ合わせる。
6.沸騰した蒸し器に布を敷いて2を流し入れ、ごまやくるみを入れ50〜60分蒸す。

戻る