郷土料理タイトル


どんこ・たら汁(どんこ・たらじる)
どんこ・たら汁
■認定年度
平成8年
 
■認定の種類
伝統料理
 
■主な地域
陸前高田市
  
■料理の紹介
 三陸沿岸でよく獲れるエゾイソアイナメ(呼称:どんこ)は、脂肪分が多くなる冬が旬で味噌汁や鍋物として好まれている。 陰暦10月20日の恵比寿講には、尾頭つきのどんこ汁を神前に供え豊漁を祈願した。気仙地方では現在もこの習慣が続いている。また、白身で淡泊な味は産後の肥立ちに良いとされ、体力回復の料理として食べられてきた。

材料
  (4人分)どんこ2尾、大根80g、人参60g、豆腐1丁、じゃがいも2ケ、ねぎ1本、味噌 適量
  
作り方
1.大根・人参は大きめのささがきにし、じゃがいもは薄めに切る。
2.野菜類を煮る。
3.どんこは薄い塩水で洗ってぬめりを取り、こけらを落としぶつ切りにしておく。肝臓は捨てないで取っておく。
4.野菜類が七部どおり煮えたら、どんこの切り身と肝臓をいれて静かに煮込む。
5.豆腐を加える。
6.味噌味で調味し、ねぎを加える。

戻る