郷土料理タイトル


伝統餅料理(でんとうもちりょうり)
伝統餅料理
■認定年度
平成8年
 
■認定の種類
伝統料理
 
■主な地域
一関市
  
■料理の紹介
 餅の里花泉町ではお正月や節句などの年中行事はもちろん、おもてなし料理として餅をつく習慣がある。 祝儀、不祝儀共に3種類のもちが振るまわれ、好みによって、多様なもち料理が供される。

材料
  (祝儀の席の献立例)あんこもち・お雑煮もち・納豆もち・大根もち
(不祝儀の席の献立例)あんこもち・お雑煮もち・生姜もち・大根おろし
  
作り方
1.あんこもち:こしあん・さとう・塩 適宜。
2.納豆もち:納豆、ねぎ、しょう油又は塩…納豆に調味し薬味に刻んだねぎを入れる。
3.えびもち:沼えび、酒、化学調味料、塩…沼えびを丸ごと炒り酒、塩で味を調えてもちを入れる。
4.ずんだもち:ゆでた枝豆、砂糖、塩…枝豆をすり鉢に入れてすりつぶし、砂糖、塩で味を整える。
5.雑煮もち(祝):大根・人参 千切り、ごぼう 細いささ切り、かまぼこ(不祝儀・油揚げ)、せり・季節の野菜(みつば、きぬさや、ほうれん草など)
6.生姜もち:干し椎茸、人参、根生姜、砂糖、しょう油、酒…椎茸、人参をだし汁で煮て調味し、片栗粉を入れて、とろみをつける。
7.ふすべもち(雉もち):雉肉又は鶏ひき肉、ごぼう・大根 すりおろしたもの、酒・しょう油・砂糖 適宜…肉にすりおろした野菜をまぜ合わせてそぼろ状にし、もちにからめる。辛味を加えても良い。
8.くるみもち:くるみ、砂糖、塩…くるみをよくすり、調味する。時には水気を切った豆腐を入れる。
  
料理のポイント
1.もち料理には、町内で生産される伝統的な食材、もち米、小豆、えだまめ、沼えび等を使用し、地元での調達を基本としている。

料理の種類
花泉出前餅つきグループの「伝統餅料理」
連絡先 出前餅つき
一関市花泉町涌津字一の町36-2 花泉町商工会
電話 0191-82-3130
FAX 0191-82-3161
HPアドレス http://www.echna.ne.jp/~hanasho/
説明 出前料金 一式約6万円(6人派遣・200食・3升つき2回)派遣者の旅費別途実費負担

店の名前 夢みる老止(おとめ)の館
場所 一関市花泉町湯島字上柏木39 佐々木善子
電話 0191-82-2722
FAX 0191-82-5076
HPアドレス http://www.iwatetabi.jp/spot/detail/03209/1372.html
営業日/
営業時間
11:00〜20:00予約制
定休日 なし
説明 花泉出前餅つきグループの1人が農家レストランをはじめました。
山菜・餅膳 2,000円 4人以上 2日前までに要予約。4種類以上の餅と汁、山菜料理1品、食前酒が味わえる。

戻る