郷土料理タイトル


きりばっと
きりばっと
■認定年度
平成9年
 
■認定の種類
伝統料理
 
■主な地域
一関市
  
■料理の紹介
 東山町はかつては小麦の産地であったことから「きりばっと」は主食として、おやつとしてよく食べられた。手でゆっくりとこねるので、「しこっしこっ」と歯触りがよいのが特徴。

材料
  (5人分)小麦粉500g、塩30g、水200cc、めんつゆ、鶏肉、舞茸、ねぎ
  
作り方
1.小麦粉500gに塩30gを混ぜ合わせる。その中に水200ccを入れて軽く混ぜる。
2.1の小麦粉がしっとりしてきたら手でよくこねる。3〜4時間ねかせると、しなみがでてくる。
3.しなみの出たところで、板にのせ、麺棒で薄くのばす。屏風たたみにして0.5pの太さの、きりばっとにする。
4.大きな鍋にたっぷりの水を入れ、沸騰したら、きりばっとをゆでる。ザルにとってよく洗う。
5.別鍋にめんつゆを作っておく。
6.鶏肉は細切りにし、炒めてしょうゆでうす味にする。舞茸もゆでて味付けしておく。ねぎは細かく切っておく。
7.おわんにゆでた「きりばっと」を盛り、その上に鶏肉、舞茸、ねぎをのせ熱しためんつゆをかける。
  
料理のポイント
1.小麦粉に分量の塩、水を加えて手でこねたあと、3〜4時間ねかせる。
2.小麦粉はグルテンの多い強力粉を使うようにすること。

料理の種類
産直センター手づくり伝承の会の「きりばっと」
連絡先 代表者 佐藤とし子
場所 一関市東山町田河津字黒森14 
電話 0191-47-2772
説明 遠距離の場合は、のし板・めん棒の準備をお願いします。
関連サイト http://ja-iwate.or.jp/woman/0801/index.html

戻る