郷土料理タイトル


きらずだんつ
きらずだんつ
■認定年度
平成11年
 
■認定の種類
伝統料理
 
■主な地域
普代村
  
■料理の紹介
 小麦粉をきらずの水分で捏ねてつくる、おやつ。小麦粉に水や湯を加えずに作るものを、昔は「だんつ」といった。

材料
  (4人分)きらず300g、小麦粉150g、砂糖 大さじ1、塩 小さじ1、黒ごま 大さじ1、くるみ 大さじ1
  
作り方
1.分量のきらず、小麦粉、砂糖、塩をよく混ぜ合わせ、しっとりなじんだら半分にし、一方にはきざみクルミを、他方には黒ごまを入れて混ぜる。
2.それぞれを4等分にして平らな丸型に形を整える。
3.2を熱湯で十分茹で、浮き上がったらざるに揚げる。
4.※熱くても、冷めても美味しい。好みにより、黒ごまかくるみのどちらかでもよい。
  
料理のポイント
1.「だんつ」は、きらずの水分で小麦粉をしめすので、適当な固さにするためには、きらずの水分の多少によって小麦粉の分量を加減する。
2.砂糖、塩を入れ過ぎない。
3.きらずや黒ごま、くるみを生かす素朴な味が基本であるが、例えば、油で揚げたり、砂糖味噌を塗って焼くなどのアレンジもできる。

料理の種類
上方テイさんの「きらずだんつ」
連絡先普代村21堀内26
電話 0194-35-2393
説明「きらず」とは「おから」のことです。
関連サイトhttp://www.pref.iwate.jp/kenpoku/kuji_noukai/denshikan/007419.html

戻る