郷土料理タイトル


鮭の親子ずし(さけのおやこずし)
鮭の親子ずし
■認定年度
平成10年
 
■認定の種類
新郷土食
 
■主な地域
岩泉町
  
■料理の紹介
 鮭、いくら、生わさびを使ったちらし寿司です。

材料
  (10人分)米…1kg、鮭(荒巻)…2〜3切れ、いくら…約200g、焼のり…1〜2枚、白ごま…40g、生わさび…約500g、だし昆布…約8センチ、酒…少々、薄口しょうゆ…少々
  
作り方
1.米を洗い、だし昆布、酒を加え火にかけて、沸いてきたら昆布を取り出し、ごはんを炊きあげる。
2.いくらにお酒と薄□しょうゆを少々ふりかけておく。生わさびを下ごしらえしておく。
3.合わせ酢をつくり、すし飯を作る。
4.鮭に酒少々をふりかけ、レンジか蒸し器で火を通し、熱いうちに手で身をほぐしたら、酢洗い(すし飯用の合わせ酢を少々かけて洗う)をし、固く絞る。
5.すし飯が冷めたら、4と下ごしらえした生わさびと白ゴマをざっくりと混ぜる。
6.具を混ぜたすし飯を器に盛り、刻みのりとイクラを天盛りにする。
  
料理のポイント
1.生わさびは1次加工して瓶に詰め、冷凍保存していつも利用している。
2.いくらに酒と薄□しょうゆをふりかけることで、いくらの生臭みがとれる。また、鮭を酢洗いすることで、鮭の臭みをとり、生物の嫌いな人も食べやすくなる。

料理の種類
邊見むつ子さんの「鮭の親子ずし」
店の名前 旅館 瀬戸屋
場所 岩泉町門字町102
電話 0194-25-5126
FAX 0194-25-5648
定休日 お盆・年末
説明 宿泊利用の方または会食利用の方に予約制で提供。
1泊2食付5,400円から。
チェックインは17:00以降、チェックアウトは10:00まで。

戻る