郷土料理タイトル


秀衡公の瓜割漬(ひでひらこうのうりわりづけ)
秀衡公の瓜割漬
■認定年度
平成12年
 
■認定の種類
特産加工品
 
■主な地域
平泉町
  
■料理の紹介
 しろうりを塩漬・二五八漬・粕漬・仕上げ漬と何度も漬けかえをして作るこだわりの粕漬。

材料
  (うり30kg(4斗樽)分)
漬物用しろうり…30kg
塩…約6kg
二五八床 米…1斗(蒸した米と麺半々の量)、塩…1.3kg、焼酎(25度)…1.8リットル
粕床(本床) 酒粕…20kg、ざらめ…10kg、焼酎(25度)…1.8リットル、みりん…1.8リットル
仕上げ床…本床の半量
  
作り方
1.二五八床は冬の間に作りねかせて置く。
2.少し白みがかったうりを収穫し、縦2割にし種を取る。
3.種を取った部分に塩を入れ、1時間位放置して置く。
4.樽に3のうりを上向きにして並べ、白くなるくらい塩を振りその上にうりを重ねる。これを繰り返し、樽にうりを並べ重石(15kgの石)を乗せる。(晩秋までおく。)
5.本床
焼酎とざらめを煮立たせて溶かし、酒粕と混ぜて練り、みりんを加え一週間位ねかせておく。
6.塩漬したうりを、10月末頃に塩抜きをして水気を取る。
7.二五八床に塩抜きしたうりを2週間漬け、その後清潔な布で拭きとる。
8.本床に、7のうりを2〜3ヵ月間漬ける。
9.保存用の粕床として、本床の粕の半分の量に8のうりを入れ真空パックにして、冷凍または冷蔵する。
  
料理のポイント
1.うりの収穫期により、おいしさが違ってくるので、少し白みがかった時期を見て収穫する。
2.酒粕のみで2回漬けるとアルコール分が強く感じられるので、味をまろやかにするため、1回は二五八床を使うようにした。また、焼酎も35度から25度に変えた。

料理の種類
千葉文子さんの「秀衡公の瓜割漬」
連絡先 自宅 電話0191-46-3955
店の名前 ホテル武蔵坊
場所 平泉町平泉字大沢15
電話 0191-46-2241
FAX 0191-46-2250
HPアドレス http://www.musasibou.co.jp/
E-Mail fat0721@musasibou.co.jp
営業時間 7:00〜21:00
説明 150g入り袋 400円 簡易包装、少量袋詰めの価格は相談による。

店の名前 JAいわて南ふるさとセンター「古里庵」
場所 平泉町平泉衣関34-13 JAいわて南ふるさとセンター内
電話 0191-46-4850
FAX 0191-46-4821
HPアドレス http://www.ja-iwateminami.or.jp/
営業時間 9:00〜17:00
定休日 不定休 
説明 150g入り袋 400円 簡易包装、少量袋詰めの価格は相談による。

店の名前 悠久の湯平泉温泉
場所 平泉町平泉字大沢1-1
電話 0191-34-1300
FAX 0191-34-1303
HPアドレス http://www.town.hiraizumi.iwate.jp/site/entry/cat140/cat149/cat/post_243.php
営業時間 10:00〜21:00
定休日 毎月第1・3火曜日
説明 150g入り袋 400円 簡易包装、少量袋詰めの価格は相談による。

戻る