郷土料理タイトル


かゆっこ餅(かゆっこもち)
かゆっこ餅
■認定年度
平成11年
 
■認定の種類
伝統料理
 
■主な地域
西和賀町
  
■料理の紹介
 うるち米ともち米を粥に炊きかゆもちをつくり厳寒期に凍らせて、乾燥させてつくる干し餅です。

材料
  (200個分)うるち米…980g(7合)、もち米…420g(3合)、砂糖…100〜120g、塩…20g
  
作り方
1.米を洗って30分程水につける。
2.米の3.5〜4倍の水でおかゆを作る。初めは強火で沸騰させて煮て、次に弱火にして水がなくなるまで、焦がさないようにゆっくり煮る。
3.火を止めてから砂糖、塩を入れてよくかきまぜる。
4.トタン板のような凍りやすいものにラップをしいた上から3のかゆ餅をへらで落とし、形をととのえる。
5.よく冷えた夜に雪の上で凍らせる。但し上から雪をかぶると凍らないので注意。3昼夜そのままおく。
6.わらで編んで軒下に1ヶ月ほど吊して乾燥させる。
※作る期間は、1〜2月中頃まで。作る日は天気予報を見て寒い日を見計らって作る。
  
料理のポイント
1.かゆの濃度が技術のポイント。濃すぎるとへらから落としにくくなるし、薄すぎると乾燥後の製品がこわれやすい。
2.左記をベースにして、かぼちゃ、ごま、よもぎ、コーヒー等を入れ、バリエーションを楽しんでいる。

料理の種類
高橋光子さんの「かゆっこ餅」
店の名前湯夢(ゆめ)プラザ(複合型商工会館)
場所西和賀町川尻40-73-11(ほっとゆだ駅前)
電話0197-82-2214(FAX兼)
HPアドレス http://www.iwatetabi.jp/product/detail/brand/26.html
定休日年中無休
説明10個入り1袋400円 お粥を凍らせて乾燥させたものです。そのまま食べても、焼いても、揚げてもおいしい。盛岡駅西口「マリオス」内 ブランドi、北上駅前グローブでも販売。

戻る