郷土料理タイトル


いもだんす
いもだんす
■認定年度
平成10年
 
■認定の種類
伝統料理
 
■主な地域
田野畑村
  
■料理の紹介
 じゃがいもを寒に凍らせ、乾燥させたものを粉にし、小麦粉とあわせて団子にし、小豆汁に入れたものです。

材料
  (10人分)いもの粉…2カップ、小麦粉…2カップ、熱湯…2.5〜3カップ、小豆…200g、砂糖…2カップ、塩…少々、湯…約3リットル
  
作り方
1.いもの粉と小麦粉を一緒にまぜて熱湯でしめす。
2.よくこねたら、棒状にして、2mmくらいの厚さに木の葉切りにする。
3.小豆は、濾(こ)しあんにし湯3リットルでお汁粉のように溶かす。
4.3のあんに木の葉切りにしたダンスをいれる。
5.砂糖、塩を加えて好みの味にし、ダンスが浮いてくるまで充分火をとおす。歯触りが良くておいしい。
  
料理のポイント
1.粉は熱湯でしめすと軟らかく出来る。
2.小麦粉を加えることで、小豆あんの他に、しょうゆ味の出し汁でひっつみのようにしてもよい。また、粉をこねてからまるい形につくり、ゆでてからクルミでたべてもおいしい。
3.いもの粉は、じゃがいもを寒の時期に凍らせて皮を剥き、10日以上流れ水にさらし、寒干しをして、臼でついて粉にする。
4.寒干しは寒ければ寒いほど白くきれいに出来あがる。また、流れ水に充分さらさなければ、いものくどさが残る。

料理の種類
中村すをさんの「いもだんす」
店の名前あけど土曜市
場所田野畑村商工会
電話0194-34-2304
営業日/
営業時間
6月中旬〜11月まで毎週土曜日10:00〜14:00
説明「いもだんす」丼一杯100円 じゃがいもを寒中に凍らせ、粉にし、小麦粉とあわせて団子にしたものを小豆汁に入れた伝統料理。

戻る