郷土料理タイトル


こんぶかりんとう
こんぶかりんとう
■認定年度
平成10年
 
■認定の種類
特産加工品
 
■主な地域
普代村
  
■料理の紹介
 村特産のすき昆布を粉末にして使っています。

材料
  (100g入り11袋分)小麦粉…900g、すき昆布粉末…2g、牛乳…400cc、砂糖…200g、白ゴマ…30g、塩…大さじ1、揚げ油…適量
  
作り方
1.すき昆布をガスコンロで遠火で加熱して乾燥させ、手でもんだ後袋に入れて細かくし、スピードカッターで粉砕してふるいをかけたものを使う。
2.小麦粉に砂糖、塩を加えふるいにかける。
3.2にすき昆布粉、白ゴマを混ぜ牛乳で練る。練ったものを4等分し、1時間ねかす。
4.ねかせたタネをもう一度よく練り、それをかまぼこ型にする。
5.かまぼこ型にしたものを薄く切り、製麺機のローラーで薄く伸ばし長さ21cm、幅6cm、厚さ1mmの板状にする。
6.板状にしたものを油で揚げる。油は、はじめ低温(約100℃)とし、徐々に150℃まで温度を上げていく。
※製品の大きさは、約長さ20cm、幅5cm、厚さ2mmである。
  
料理のポイント
1.タネをねかせることによってコシが強くなり、成形しやすくなる。
2.すき昆布を入れ過ぎると揚げた後の油切れが悪く、製品の色合いがきれいにできあがらない。
3.油で揚げると小さくなるので、タネをローラーで伸ばす時、あらかじめ長さ、幅とも1cm位大きめに成形する。
4.油の温度は、最初から高温で揚げるとかりんとうの表面に凹凸ができるので、低めの温度から揚げる。
5.揚げている最中は、まんべんなく熱が加わるように、一枚一枚何度も裏返す。

料理の種類
青葉生活改善グループの「こんぶかりんとう」
店の名前 三陸鉄道普代駅売店
電話0194-35-2411
営業日/
営業時間
8:00〜17:30
説明 注文に応じて加工販売。体験も出来ます。1袋420円。
関連サイト http://www.iwatetabi.jp/spot/detail/03485/1835.html

店の名前 国民宿舎くろさき荘売店
場所 普代村第2地割下村84-4
電話 0194-35-2611
FAX 0194-35-2872
HPアドレス http://www.vill.fudai.iwate.jp/kurosaki/
営業日/
営業時間
7:30〜20:00
説明 注文に応じて加工販売。1袋420円。

店の名前 道の駅「のだ」観光物産館ぱあぷる
場所 野田村字野田31-31-1
電話 0194-78-4171
HPアドレス http://www.thr.mlit.go.jp/road/koutsu/roadstation/iwate/iw07.html
営業日/
営業時間
9:00〜18:30
説明 1袋420円

戻る