郷土料理タイトル


磯花寿司(いそはなずし)
■認定年度
平成10年
 
■認定の種類
新郷土食
 
■主な地域
大船渡市
  
■料理の紹介
 海苔、ワカメの中芯を使った磯花寿司です。

材料
  (3人分)
【磯花寿司】
海苔…8枚、卵…3個、味付けワカメ中芯…150g、山ごほう漬け、桜でんぶ…50g、ほうれんそう…100g、中芯しば漬け…30g
【寿司飯の配含割含】
米…1升にたいして、砂糖…100g、塩…40〜50g、醸造酢…1合
  
作り方
(1)【寅さん寿司】
*寿司飯
・米はよくとぎ、十分に浸水し、やや固めの水加減で炊く。
・炊き立ての御飯を手早くほぐし、分量の配合割合で作った調味料を混ぜる。
1.卵は割ほぐし、塩、砂糖を加えてやや厚めの卵焼きを作り、5ミリ太さに切っておく。
2.ほうれんそうは硬茹でにする。
3.ワカメ中芯は砂糖、醤油で煮込み下味を付けておく。
4.1/2の海苔に薄く寿司飯をのせ、でんぶ、卵焼き、ほうれんそう、味付けワカメ中芯をのせ、細巻きを作っておく。
5.1/2の海苔で具を入れない細巻きを作る。
6.2/3の海苔にでんぶを混ぜた寿司飯をのばし、5を芯に入れて巻き込む。
7.1枚の海苔に寿司飯をのばし、6を巻き込み三重巻きとする。
8.出来上がりを冷ましてから、4個に細長く切り、2つを背中合わせに置き中央に4を入れて、その上に残りの2つを置き、1枚半の海苔で全体を巻く。
(2)【桜さん寿司】
1.中心の花の部分は海苔を3等分にし、寿司飯を薄く伸ばし、合わせるように、でんぶ3本、ほうれんそう3本の細巻きを作る。
2.1枚の海苔に薄く寿司飯をのばし、1の細巻きを交互に合わせ、6本を一つに巻き込む。
(3)【三角寿司】
1.1枚半の海苔に寿司飯をむらなくのばし、中央にくぼみをつけ両脇に具(材料のすべて)をいれ両方から巻く。
  
料理のポイント
1.お米はよくとぎ、1時間以上浸水する。炊飯スイッチを入れる前に必ずお米を洗い直し、再び水加減をする。
2.巻き方──きっちりと固めに手早く巻く事。
3.ワカメの中芯は柔らかくなりすぎないように煮ること。

料理の種類
梅澤洋子さんの「磯花寿司」
連絡先 大船渡市末崎町字細浦52-1
電話 0192-29-2610
説明 アイデアいっぱいの模様を手早く巻き寿司に。岩手県内どこへでも出前実演。

戻る