郷土料理タイトル


鮭の一匹料理(さけのいっぴきりょうり)
鮭の一匹料理
■認定年度
平成9年
 
■認定の種類
伝統料理
 
■主な地域
久慈市
(写真左)白子のカラ揚げ、(写真右)イクラの粕漬け

材料
  【白子のカラ揚げ】
 白子…2匹分(4本)
 漬け汁(ニンニク…1かけ(しぼり汁)、根生姜…1かけ(しぼり汁)、みりん…少々、醤油…50cc、酒…少々)
 揚げ油
 小麦粉
【イクラの粕漬け】
 鮭の卵…1匹分、酒粕適量、塩…少々、砂糖…少々(塩より多目)
  
作り方
【白子のカラ揚げ】
1.塩水でよく洗い、水気を取る。
2.白子は3〜4cmに切り、漬け汁に3〜4日間ぐらい漬け込む。
3.1の白子に片くり粉をつけカラ揚げにする。
【イクラの粕漬け】
1.メスの鮭の腹から卵巣を出し中の卵を静かに押し出してバラバラにする。そして鮭の卵を塩水(飽和食塩水)でよく洗う。
2.卵は生臭みをとるため塩水で3回洗う。
3.酒粕に塩と砂糖を入れ味をととのえる。イクラをガーゼに包み酒粕の間にはさみ4〜5日漬け込む。

料理の種類
森小ヨシノさんの「鮭の一匹料理」
連絡先 久慈市長内町44-92-1
電話 0194-53-5666
説明 鮭汁、氷頭なます、イクラ料理など。

戻る