郷土料理タイトル


たかきびのピリ辛(たかきびのぴりから)
たかきびのピリ辛
■認定年度
平成12年
 
■認定の種類
特産加工品
 
■主な地域
一関市
  
■料理の紹介
 たかきびの粒を水をとりかえながらやわらかく炊き、ピリリと調味した佃煮風のうまいもの。

材料
  (10人分)たかきび粒…カップ2、干し椎茸…5枚、砂糖…大さじ2、醤油…カップ2、みりん…カップ1/2、タカノツメ…5本(みじん切りにしておく)、重曹…大さじ1
  
作り方
1.たかきび粒は1晩水につける。
2.干し椎茸は水で戻しみじん切りにする。
3.たかきび粒は2-3回水洗いした後、鍋に水(4カップ)とともに入れ中火で1時間半位煮る。
4.煮汁を洗い流し、水を入れ、更に1時間位煮てから、重曹を入れ、30分位煮る。
5.煮汁を捨て水3カップ、椎茸、砂糖、醤油、みりん、タカノツメを加えて1時間以上、煮汁がなくなるまで煮詰める。
【圧力鍋利用の場合】
1.たかきび粒は1晩水につける。
2.干し椎茸は水で戻しみじん切りにする。
3.圧力鍋に、材料全部を入れ(重曹は使わない)、火にかける。加熱時間(弱火)30分、蒸らし時間10分。
4.圧力鍋が冷めたら、普通の鍋に移し、強火で約30分。良くかき混ぜながら煮汁がなくなるまで煮詰める。
  
料理のポイント
1.固いたかきび粒を程良い食べ頃の堅さにする。
2.普通の鍋でたかきび粒を柔らかく煮るには、重曹を使う。
3.長時間煮るので、圧力鍋を利用すると便利である。
4.あたたかい御飯に佃煮風に食べるとピリッとして、食欲増進になる。また、湯とうふ、冷や奴の友としても好まれている。
5.保存期間は冷蔵庫で1ヶ月間は可能である。

料理の種類
金野桂子さんの「たかきびのピリ辛」
連絡先 一関市大東町沖田字大平54
電話 0191-74-3250
説明 圧力鍋を使えば短時間でできますが、普通鍋利用は2時間かかります。

戻る