南北朝時代の争乱
 元弘3(1333)年に鎌倉幕府が滅亡し、後醍醐(ごだいご)天皇が新政権を樹立すると、陸奥国の体制も一新されました。まず初めに奥州に進出したのは足利尊氏(あしかがたかうじ)です。鎌倉幕府を滅亡に追い込んだ最大の功労者である尊氏は鎮守府将軍に任じられ、北条氏の旧領をわが物として、勢力を拡大します。これに対して後醍醐天皇は北畠顕家(きたばたけあきいえ)を陸奥守に任じ、尊氏の勢力拡大を食い止めようとします。顕家は後醍醐天皇が寵愛する義良(のりよし)親王(のちの後村上天皇)を奉じ、後見役の父・親房(ちかふさ)をはじめとする一門の貴族、家人らを引き連れて国府多賀城に入城して、奥州に強力な拠点を築こうとしました。これに対して尊氏の弟・直義(ただよし)が成良(なりよし)親王を奉じて鎌倉に赴き、奥州に対抗しようとします。
 顕家は各地に郡奉行を設置して、さまざまな仕事にあたらせました。糠部(ぬかのぶ)郡の奉行となったのが南部師行(もろゆき)です。その管轄範囲は糠部のみならず秋田県の鹿角郡や比内(ひない)郡、岩手県の久慈や閉伊(へい)郡、遠野保などにも及んでいました。

南部氏系図
南部氏系図
 南部氏は甲斐源氏の一族で、鎌倉幕府草創期に光行(みつゆき)が甲斐国巨摩(こま)郡南部郷(山梨県)を名字の地としたことに始まります。師行は光行の曾孫・政行(まさゆき)の子にあたります。師行が糠部郡奉行に任じられたのは、地頭北条氏の代官として郡内に所領をもっていたからという説が一般的です。
 後醍醐天皇と足利尊氏の対立が決定的となった建武2(1335)年、京の都を占領した尊氏を討伐するため北畠顕家は南部師行や葛西清貞(きよさだ)らを引き連れて京に進軍し、尊氏を九州に追いやります。しかし鎮守(府)大将軍として顕家らが多賀城に戻ったころには、すでに奥州に不穏な動きがありました。尊氏は、足利の庶流で、尊氏の子・義詮(よしあきら)を補佐する鎌倉府執事の職にあった斯波家長(しばいえなが)を奥州総大将に任命、足利派に属する武士も増えていきます。延元2(建武4・1337)年、尊氏に再び占拠された京を奪還するため、顕家は師行らとともに出陣します。しかし翌延元3(1338)年、和泉国大鳥郡石津(大阪府)の合戦で敗死。この時、南部師行も討ち死にしたものと考えられます。
 その後、顕家の弟・顕信(あきのぶ)が陸奥介兼鎮守府将軍として陸奥に入り、南部師行の弟・政長(まさなが)、葛西、伊達らの武士とともに足利方の石塔義房(いしどうよしふさ)らと戦いを続けます。しかし興国3(康永元・1342)年ごろには足利方の優勢がほぼ固まり、正平8(文和2・1353)年にはすべての拠点を失って顕信は逃亡、南北朝期の大規模な戦はみられなくなります。

 
 ■いわての文化情報大事典(いわての城・館:高水寺城雫石城盛岡城

前へ 戻る 次へ