「いわての街道・三陸浜街道」タイトル 「いわての生活文化」タイトル



三陸浜街道
(釜石〜鹿糠)

 宮城県気仙沼(けせんぬま)から三陸沿岸の各地を結び青森県の八戸に至る道筋を「浜海道」と呼びます。江戸時代盛岡藩では「海辺道」と呼んでいました。藩の悪政に耐えかねて立ち上がった三閉伊(さんへい)通り(野田・宮古・大槌代官所管内)の農漁民は、嘉永6(1853)年「小◯(こまる)」の旗を掲げ、仙台領を目指して浜街道を南下しました。浜街道の地形は宮古以南のリアス式海岸、以北は隆起海岸で、ほとんどの川が西から東へ海岸線に直角に注ぎ、山の台地に深い谷を刻んでいます。そのため南では峠越え、北では坂越え、谷越えの難所が多くあります。この厳しい道の輸送手段として、急坂・悪路に強い牛が使われ、牛方が往来した道でもありました。

釜石 平田 大槌 絵入り道標 山田 宮古 田老 田野畑 普代 野田 久慈 鹿糠の道標 鹿糠
三陸浜街道地図
【三陸浜街道地図】



戻る
平田 大槌 絵入り道標 宮古 田老 田野畑 普代 野田 久慈 鹿糠の道標 山田