「いわての街道・奥州道中」タイトル 「いわての生活文化」タイトル


奥州道中
(一関〜金田一)

 奥州道中(街道)は奥州白河を起点に青森県の三厩(みんまや)に至る八九次の街道です。仙台・松前道、奥州道などとも呼ばれ近世奥州の幹道でした。五街道に対して脇街道と呼ばれますが、街道の運営、通行量、交通施設などいずれをみても主要街道として遜色ない街道でした。古代の東山道(とうさんどう)や中世の奥大道(おくだいどう)と道筋を同じくするようにみえますが、各宿駅の町割と道筋の確定で分かるように近世初期に新しい街道として整備されたといってよいでしょう。

白河 一関 山ノ目 無量光院一里塚 水沢 金ヶ崎 相去 鬼柳
成田の一里塚 花巻 馬町 鍛冶丁一里塚 渋民 御堂の一里塚 福岡 金田一 三厩
奥州道中地図
【奥州道中地図】
 
 ■いわての文化情報大事典(いわての城・館:九戸城


戻る
山ノ目宿問屋跡 一関 無量光院跡 水沢 金ヶ崎 相去 鬼柳 成田の一里塚 花巻 馬町 鍛冶町一里塚 渋民 御堂の一里塚 福岡 金田一