剣舞の解説
念仏風流踊りの一種で、面をつけて躍るもの、面をつけないものに大別され、念仏剣舞、ひな子剣舞、鎧剣舞、大念仏(本剣舞)などの種類がある。「けんばい」の語源は、刀を持って激しく躍ることから、あるいは大地を踏みしめる動作「反閇(へんばい)」からなど諸説ある。盂蘭盆に祖先の霊を慰めるのが主な目的で、悪霊退散、衆生済度などの意味をもつ。鬼剣舞も念仏剣舞の一種で、一般的には「さるこ」や「かっかた」と呼ばれる仏の化身(地域によっては道化面や狐面の場合もある)が「いかもの」などと呼ばれる忿怒面の怨霊(または亡魂)を打ち払う様子が描かれる踊り。ひな子剣舞は女児を中心とした華やかな舞踊と太鼓の曲打ちが特徴。
剣舞イメージ
  
いわての主な剣舞
岩崎鬼剣舞(北上市和賀町)
上鹿妻念仏剣舞(盛岡市上鹿妻)
川西念仏剣舞(奥州市衣川区下衣川)
煤孫ひな子剣舞(北上市和賀町)
道地ひな子剣舞(北上市和賀町)
永井の大念仏剣舞(盛岡市永井)
滑田鬼剣舞(北上市江釣子)
朴ノ木沢念仏剣舞(奥州市胆沢区小山)
  
いわての主な剣舞一覧



上鹿妻念仏剣舞 岩崎鬼剣舞 道地ひな子剣舞 煤孫ひな子剣舞 永井の大念仏剣舞 滑田鬼剣舞 朴ノ木沢念仏剣舞 川西念仏剣舞