いわての鉱山史 いわての鉱山史イメージ

岩手県内には、古来より多くの鉱山が存在していました。最盛期の昭和30(1955)年頃には金属鉱山・非金属鉱山・石炭鉱山・亜炭鉱山など合わせて約150もの鉱山が操業し、従業員は1万人以上も従事していました。その中から、岩手県内および岩手にゆかりのある主要な鉱山の歴史を紹介します。
岩手・秋田県鉱山位置図
北上高地の製鉄
製鉄の始まり
南部鉄の名声を高めた諸鉄山
近代製鉄の誕生
鹿角の金山・銅山
盛岡藩の金山開発
金山から銅山へ
「長崎御用銅」の時代
近代鉱山への脱皮
戦後の鉱山
ヤマが街を生む〜松尾鉱山と栗木鉄山
松尾鉱山
栗木鉄山
鉄の街・釜石
短命に終わった官営製鉄所
製鉄所の復活
製鉄所と共に街も発展
戦中、そして戦後
合理化、高炉休止へ