田植踊りの解説
稲田の作業を模する所作を舞踊化し、「物まね」をすることでその年の豊年を祈願する「予祝」の意味を持つ芸能。一般的には正月期間に行われ、屋外で演じる「庭田植え」と、室内で演じる「座敷田植え」に大別される。岩手県内の田植踊りは気仙・東磐井型・胆沢型・和賀型、中部型(盛岡市周辺)などに分類され、中部型以外は庭田植え。「孫蔵」「弥十郎」「えんぶり」などと呼ばれる作業指揮者が進行役を務め、口上を述べ、作業開始を告げると、早乙女(しょうとめ)や、飾りを付けた棒を持った「奴」「あやとり」などと呼ばれる年少者が踊り、道化役の一八(いっぱち)がそれを励ます。苗代づくり、田植え、稲刈りなど、作業を模した踊りが順番に踊られていく。
田植踊りイメージ
  
いわての主な田植踊り
春田打(北上市江釣子)
山屋の田植踊(紫波町山屋)
  
いわての主な田植踊り一覧



山屋の田植踊 春田打