鹿踊の解説
獅子躍・鹿踊・鹿子躍とも書き、起源は、殺されたシカのための供養説や、山のシカの踊りを真似た遊戯模倣説、春日大社と結びつけた奉納起源説などさまざま。怪異なしし頭を付け、盂蘭盆と秋祭りに踊られる。県内の鹿踊は、舞手が太鼓を持って躍る「太鼓踊り系」と、太鼓を持たない「幕踊り系」に大別され、前者は主に県南地方の旧仙台藩領に、後者は主に遠野市を南限とする旧盛岡藩領に伝承されている。「太鼓躍り系」はさらに「行山(ぎょうざん)流」「金津(かなつ)流」などの流派に分かれ、本物のシカの角を用いる。「幕踊り系」の角は木製が多いが、田野畑村の菅窪鹿踊ではシカの頭部を模した頭を用いる。
鹿踊イメージ
  
いわての主な鹿踊
青笹獅子踊り(遠野市青笹町糠前)
落合鹿踊(花巻市東和町落合)
菅窪鹿踊・剣舞(田野畑村菅窪)
鶴羽衣鹿踊(奥州市江刺区稲瀬字鶴羽衣台)
根反鹿踊り(一戸町根反)
早池峰獅子踊り(遠野市附馬牛町字上附馬牛)
舞川鹿子躍(一関市舞川)
梁川鹿躍(奥州市江刺区梁川)
  
いわての主な鹿踊一覧



根反鹿踊り 落合鹿踊 鶴羽衣鹿踊 梁川鹿躍 菅窪鹿踊 早池峰しし踊り 青笹しし踊り 舞川鹿子躍