いわての主な伝統工芸の種類
南部鉄器 岩谷堂箪笥
秀衡塗 浄法寺塗
家具・木工品 織物・染物
日本一の広さを誇る大県・岩手は、全国有数の林業県でもあります。手仕事の長い伝統を受け継いだ岩手のクラフトマンたちは、豊かな自然に育まれた良質な木材に新しい命を吹き込み続けています。
陶磁器 竹・わら細工
素朴な個性にあふれる岩手の陶磁器。藩政時代に藩主の命により茶道用の陶器(茶陶)を焼いたもの、民間用に日用雑器を焼いたものなどがあり、先進地だった仙台堤焼や相馬焼、伊万里焼の影響を受けたものが多いといわれています。 編み笠やケラ、ツマゴ、エジコ、ザルなど生活の必需品を付近に自生する草木を使って自分達が作ることから始まった竹・わら細工。岩手はマダケなどの竹の分布北限で内陸中北部では自生しないため、ササやスズタケ、ネマガリタケなどが利用されています。
郷土玩具 装飾品
“キナキナ”と呼ばれる南部系(花巻系)こけし、花巻、附馬牛(つきもうし)、高田などの土人形、岩手の風土から生まれた忍び駒や金ベコ、和紙を使った張りこなど、岩手の郷土玩具は素朴さが魅力です。 国内唯一の産地で、献上品として奈良や京都にも運ばれた歴史をもつ久慈市の琥珀、美しい桃紅色のマリンローズ(バラ輝石)を産出する野田村など、美しい装飾品も岩手の自慢の逸品です。
その他の伝統工芸